PAINLOT

パンの水先案内人。ベーカリーニュース、おいしいパン屋さんの取材記事、マルシェなどのイベント情報を掲載。

*

PAINLOT LOGO

About – PAINLOTとサイトについて

パンロット(PAINLOT)はパン(PAIN)の水先案内人(PILOT)として、様々な「パン」に関する情報をシェアするためにスタートしたプロジェクト。ウェブサイトでは新店舗、マルシェなどの催し、新刊情報などのニュースを中心に配信。また、京都市内を中心にパン屋さん巡りなどのパンイベントを開催。常日頃、パンに関わる文化や歴史的背景も研究しつつ活動している。

京都・大阪・神戸を中心とした関西圏、東京・横浜を中心とした関東圏のパン屋さんとパティスリー(主に焼き菓子)は年間350〜400軒くらいまわっています(2013年〜)。お取り寄せや旅に出た知人が目的地で購入してきてくれる差し入れパンなどを含むと恐らく年間400軒くらいのパン屋さんに出会っているはず…。ネットを駆使してパン屋さんを調べまくっているので、全国のベーカリーから海外のお店まで、多分詳しいと思います(今の目標は駅名や都市を聞かれたらその土地のパン屋さんを即答すること)。おすすめなどはご連絡を頂ければお答え致します。また、パンシェルジュ検定2・3級を所持しています(誰でも取れる!)

パンに全く関心を持っていなかった、むしろパンを少し見下していた筆者が、少しずつパンに目覚め出したのが2012年春頃。恵文社一乗寺店で行われた『初夏のパンラボ祭り』へ参加したこと、フジロックフェスティバル2012でライブを見ながら食べたルヴァンのパンがあまりにも美味しかったこと、ナカガワ小麦店がオープンしたこと、大きなカンパーニュを見て「かっこいい」と思ってしまったこと、ドライイーストのほかにも野生酵母(自家製天然酵母)でパンを作ることが出来るということ、食事パンというものが存在すること、音楽に様々なジャンルがあるようにパンの世界も広大だったことに気付いたから…。

いくつかのきっかけが重なりあい、それらが身体に蓄積されていき、今のPAINLOTが構築されていきました。パンは非常に奥深い世界で、歴史も古く、解き明かすのは容易ではありません。筆者のパン歴は浅く、「パンと言えばあんぱん(菓子パン)」と思っていた程度ですが、それを逆手に取って、パンに関心が無い方にも興味を持って頂けるような活動をしたいと思っています。

また、ベーカリー、パティスリー、カフェ、チーズ、ワイン、レストランなどパン業界から派生するお店の方々にとっても、有意義なサイトになるよう取り組んでいきます。

メディア掲載、情報提供

パン屋さんやパティスリーを年間300軒以上をまわった体験から、おすすめ店をメディアなどで紹介させて頂きました。また、寄稿もいくつかあります。情報提供などのご要請はお問い合わせからお申し付け下さい。以下、これまでの掲載分です。

パンに目覚めるきっかけを作ってくれた本やおすすめベーカリーブックを紹介

公開日:
最終更新日:2016/07/23